ホーム > 東京都知事選候補者4人を斬る(1999年掲載記事)

東京都知事選候補者4人

【参考図書】

東京都知事選候補者4人を斬る(1999年掲載記事)

総選挙直前特別企画—10年前の東京都知事選候補者4名(石原慎太郎、明石康、鳩山邦夫、舛添要一)のDSを徹底検証した記事を特別掲載

人民の長たるDSの理想を追究する

人間の最根本、センターと三丹田

(聞き手:松井浩)

※これらの記事は1999年3月27日発行の「身体意識」新聞にて掲載されたものを一部修正、加筆したものです。

  • 高岡英夫
  • 高岡英夫[語り手]
  • 運動科学者。「ゆる」開発者。現在、運動科学総合研究所所長、NPO法人日本ゆる協会理事長・推進委員。東京大学、同大学院教育学研究科卒。東大大学院時代に西洋科学と東洋哲学を統合した「運動科学」を創始し、オリンピック選手、芸術家などを指導しながら、年齢・性別を問わず幅広い人々の身体・脳機能を高める「ゆる体操」「ゆる呼吸法」「ゆるウォーク」「ゆるスキー」「歌ゆる」を開発。一流スポーツ選手から主婦・高齢者や運動嫌いの人まで、多くの人々に支持されている。大学・病院・企業などの研究機関と共同研究を進める一方、地方公共団体の健康増進計画での運動療法責任者も務める。ビデオ、DVD多数、著書は80冊を越える。
  • 松井浩
  • 松井浩[聞き手]
  • 早稲田大学第一文学部在学中から、フリーライターとして仕事を始め、1986年から3年間「週刊文春」記者。その後「Number」で連載を始めたのをきっかけに取材対象をスポーツ中心にする。テーマは「天才スポーツ選手とは、どんな人たちか」。著書は「高岡英夫は語る すべてはゆるむこと」(小学館文庫)「打撃の神様 榎本喜八伝」(講談社)等。高岡英夫との共著に「サッカー世界一になりたい人だけが読む本」「ワールドクラスになるためのサッカートレーニング」「サッカー日本代表が世界を制する日」(いずれもメディアファクトリー)、「インコースを打て」(講談社)等がある。

第3回 鳩山邦夫(2009.10.02 掲載)

年を重ねるにつれて醜くなっていったことには、本質的な意味で問題がある

高岡 次が、鳩山邦夫さん。私と同い年くらいで、東大の法学部を出た人ですね。私も、若い頃からこの人を知っているんですけど、鳩山家の出身で、東大の法学部まで来て、なかなかカッコ良かったんですよ。ところが、政治家になって30代後半ぐらいかな、ふとテレビで見て、感じたままをいうと、姿、形があまりに醜くなっていたんだよ。どうしちゃったのと思ったのをすごく覚えているね。

 単なる顔の形や体型で人間の人格を云々する道理は全くないんだけど、この場合は、同じ一人の人物だよね。同じ鳩山さんが30代、40代と年を重ねるにつれて明らかに醜くなっていったと。これって、本質的な意味で、かなり問題があるんじゃないだろうか、と考えるべきことなんですよ。

――一般の印象でも、名門出身の割に、人相がよくないというものでしょう。本人も、長く権力闘争の中にいたから、人相が悪いと言われるのはしょうがないと言ってますね。

高岡 そう言ってる? 自覚しているわけだよね。

  • 鳩山邦夫のDS図
  • 鳩山邦夫のDS図
  • クリックすると拡大画像がご覧になれます。

やはり、この人も相矛盾するディレクターに取り囲まれている

――この下半身を包むもの(17)は、何ですか?

高岡 「重(じゅう)」ですね。重みのディレクター。

 結局、この人も相矛盾するディレクターに取り囲まれているね。たとえば、熱性の気が、後方の下(18)からと真下(19)から股の後ろ側(20)へ入っているし、真下(21)からと前方の下(22)から1軸(23)へ入っているんだよね。それらが腰に非常に強い熱性のディレクター(24)を作っているんですね。そして、それが中丹田を形成することなく、ブワッと顔まで(25)上がっていっちゃってるんだよね。

 丹田が全く形成されてなくて、その部分には拘束的なディレクターがあるだけだから、非常にまずいですね。肚を小さくひっつめていくようなディレクターだから、本人はどんなにか不快だろうと思うんだけど。この状況の中で、カッカして暴発しないために、この「重」(17)が、辛うじて抑える役割を果たしているんでしょうね。なんとかバランスを保っていられるのは、この「重」のおかげでしょう。

 また、腰のところにスライサー(26)があるでしょう。この人、けっこう腰の上下でフリーなんですよ。だけど、そこに熱性のディレクターがからんできて、それがブワッと顔まであふれている。しっかりとした側軸もなくて、抑えつけるものがないから、「重」で抑えているんですよ。

――これ(27)も面白いですね。

高岡 船が、サイクルになっちゃったの。「環船」ていうんだよ。腰で吊られるようになっていて、腰が前後にフラフラフラフラ動くわけだ。だけど、スポーツ選手じやないから、腰を前後に動かしたって意味がないでしょ。だから、相対的にDSの意識が動いて、一方は、身体の前面を通って前頭葉に入ってきて、もう一方は、身体の裏側を通って中丹田があるべきところから入って胸を貫いて、前頭葉へ入っていくわけね。ツルツルツルツル動くものが、前からと、背中を通って胸を貫いて前頭葉に入ってくるわけ。

――そうすると、どうなるんですか?

高岡 ドカッと落ち着いて本格的に物事を考えることができないんじゃないですか。脳が目移りするっていうか、意思が目移りする。これだというものが生まれないですね。

――まあ、大学生たちに聞いても、政策も口あたりのいいことばかり言っているという印象ですからね。

30代までは本当に鍛えられるような環境で育っていれば、政治家としていいDSが形成できた

高岡 そうなるだろうね。

 で、それだけで終わりなのかなと恩ったら、地下から清明なセンター(28)が1本通っているんだよね。それが脳の中心まできて、バチッと前頭葉を裏側から押しているのね。これで、なんとか今のポジションを保っているんじゃないかな。

 と思ったら、前頭葉の右側に硬性、重性のディレクター(29)があるんだよ。硬式野球のボールのような鉛の球が、頭の前の方に埋め込まれているのをイメージしてご覧よ。うっとうしくて、希望が持てないよ。ああいう顔になるよね。だから、熱性の気がないと生きていかれないですね。メラメラメラメラ来てるから、なんとか奮い立って生きていける。もうアクセル、プレーキがいくつもできているという構造だね。

――あの人相で、蝶々の飼育が好きで、自然との共生といっていたり、イメージがよく分からないところはありますね。

高岡 だろうね。この人のことを分析していて、貴乃花のことを思い出しましたよ。このおどろおどろしいDSを見ていると、どちらもいい可能性を持っていたのに、世に出るのが早すぎたと恩うんだよ。貴乃花も早くから注目されすぎて、せっかくのDSの可能性を漬されてしまったわけでしょ。25歳ぐらいまで、そんなに騒がれずにうまく育てば、双葉山級の大横綱に育つような才能はあったわけだからね。鳩山さんも、そうなんじゃないかな。せめて30代ぐらいまでは、政界じゃなくて、自分が本当に鍛えられるような環境でうまく育ってくれば、政治家としていいDSが形成できたんじゃないかと思うね。

 やっぱり、現在のように世の中が悪くなる時代というのは、世の中をよくする役割を担うはずの素質のある人物が、ダメになっていくんだよ。僕は、鳩山さんのDSを見ていると、そういう意味でかわいそうだと思うね。

――政治家修行の最初が、田中角栄の秘書ですからね。それが悪かったのかもしれませんね。

▲このページの先頭に戻る