ホーム > 東京都知事選候補者4人を斬る(1999年掲載記事)

東京都知事選候補者4人

【参考図書】

東京都知事選候補者4人を斬る(1999年掲載記事)

総選挙直前特別企画—10年前の東京都知事選候補者4名(石原慎太郎、明石康、鳩山邦夫、舛添要一)のDSを徹底検証した記事を特別掲載

人民の長たるDSの理想を追究する

人間の最根本、センターと三丹田

(聞き手:松井浩)

※これらの記事は1999年3月27日発行の「身体意識」新聞にて掲載されたものを一部修正、加筆したものです。

  • 高岡英夫
  • 高岡英夫[語り手]
  • 運動科学者。「ゆる」開発者。現在、運動科学総合研究所所長、NPO法人日本ゆる協会理事長・推進委員。東京大学、同大学院教育学研究科卒。東大大学院時代に西洋科学と東洋哲学を統合した「運動科学」を創始し、オリンピック選手、芸術家などを指導しながら、年齢・性別を問わず幅広い人々の身体・脳機能を高める「ゆる体操」「ゆる呼吸法」「ゆるウォーク」「ゆるスキー」「歌ゆる」を開発。一流スポーツ選手から主婦・高齢者や運動嫌いの人まで、多くの人々に支持されている。大学・病院・企業などの研究機関と共同研究を進める一方、地方公共団体の健康増進計画での運動療法責任者も務める。ビデオ、DVD多数、著書は80冊を越える。
  • 松井浩
  • 松井浩[聞き手]
  • 早稲田大学第一文学部在学中から、フリーライターとして仕事を始め、1986年から3年間「週刊文春」記者。その後「Number」で連載を始めたのをきっかけに取材対象をスポーツ中心にする。テーマは「天才スポーツ選手とは、どんな人たちか」。著書は「高岡英夫は語る すべてはゆるむこと」(小学館文庫)「打撃の神様 榎本喜八伝」(講談社)等。高岡英夫との共著に「サッカー世界一になりたい人だけが読む本」「ワールドクラスになるためのサッカートレーニング」「サッカー日本代表が世界を制する日」(いずれもメディアファクトリー)、「インコースを打て」(講談社)等がある。

第2回 明石康(2009.08.07 掲載)

脚に熱性、温性のディレクターが発達していて、下半身でもって人を安心させる

――それでは、次に明石康さんを見ていきたいと思います。この人も、背中が硬いんですか?

  • 明石康のDS図
  • 明石康のDS図
  • クリックすると拡大画像がご覧になれます。

高岡 背中が硬いね。本人が現状をどの位自覚しているかは別として、非常に苦しい状態だね。石原さんもそうだけど、こんな硬いディレクターを体現していたら、潜在意識は大変なストレスに苛(さいな)まれているわけですよ。ただ、この人はセンター系がある程度発達しているよね。後ろ側の方に3軸(11)、4軸(12)が入って、前の方に1軸(13)が入ってきていているでしょ。後側の方が硬いクオリティと精密なクオリティをもったもので、前の上からの軸は清涼なディレクターだよね。石原さんに比べれば、ずっと冷静に物事を考えられる人だよね。さらに極めて特徴的なのは、脚に熱性、温性のディレクターがものすごく発達していることだね。特に右脚に筒のごとくできあがっているところは実に稀といえますね(14)。これは、下半身でもって自分も人も安心させてしまう機能を持っているディレクターだからね。

――下半身で安心させるって、どういうことですか?

高岡 足元がおぼつかないとか、ヒザがガクガクするとか、地に足が着かないとかという言い方に対して、この人はしっかと2本の脚で立っているというのでもなくて、温かいんだよ。温かい下半身でもって立っているから、よほどのことがあったって自分はつぶれない。足元が寒々しくてヒザに震えが来るような難しい状況の中でも、足元が寒くこわばらずに温かく余裕を持って立っていられるから、周囲の人たちも安心して一緒にいられるという働きを持っているんだよ。

――カンボジア復興の困難な状況に、暫定行政機構の代表として立ち合った経験などですか。

高岡 そういうことだよ。あれだけの困難な状況の中で立脚すべき確固とした"足場"もなしに目標に向って邁進できたんだから、必ず特別な身体意識の装置の働きがあるはずなんだよ。それが冷静さと温かさですよ。難しい状況で人や集団を説得したり、率いていくことができるためには、しかも、突撃突貫で敵をぶち倒せというのではなく、調整役でしょ。そのためにはどこまでも冷静でなきゃいけない。でも、冷静ならそれだけでいいかというとそうではなくて、強烈に人を安心させるものがなければダメなんだよ。知的な説得だけでは、人は決して納得しないものだよ、特に政治的、軍事的領域では。それが、この下半身だよ。それと、もう1つの冷静さが、裏側を貫いてる3軸(11)、4軸(12)のセンターに支えられた前上方からの1軸(13)から来てるんだよ。

――テレビの討論会に、主要候補者で1人出席せず、都内を走り回っていたそうですけど、そういうのも、この下半身がさせるのでしょうか?

高岡 そりゃそうだよ、敵と味方が強烈熾烈に混在する環境を走り回っていた人だからね。やっぱり、止まっていられないんじゃないですか、これだけの下半身をしているんだから。

中丹田がないから、相手の胸を熱くゆさぶるような感じがない

――でも、世論調査では人気が今一つですね。出馬表明の時に自民党のゴタゴタに巻き込まれたせいでもあるんでしょうが、大学生たちに聞くと、やってくれそうな感じがしないという言い方をしますね。

高岡 中丹田(15)がほとんどないんだもの、この人。相手の胸を熱くゆさぶるような感じがないのも当然だよ。

 それと、こういうことだと思うね。今の日本の大衆が置かれている状況と、カンボジアやユーゴのような非常に緊迫した状況とでは、明石さんという存在の意味がまったく違うんだよ。カンボジアのような状況で、初めて、あの温かい下半身が有効だったと思うね。今の日本人には、あの下半身から来る力が感じられないと思うのね。だって、日本人は困ってないんだもの。カンボジアにしてもユーゴにしても、本当に足元が寒くなるほど緊迫した状況じゃないですか。当事者の人達が圧倒的に安心できるDSの支えが欲しかったんだろうね。その具体的装置の一つが、明石さんの下半身ですよ。だから、中丹田からのパワーで人の情をゆさぶるか、人の情熱に火をつけて引っ張るタイプの人じゃないということだよね。そういうタイプでは、逆にダメだったんだろうね、実際に戦争している環境下では。

それなりのDSを持っているけど、今の日本にふさわしいかどうかはわからない

――この斜めの線(16)は、何ですか?

高岡 これは、ピカソのDSにも出てくるんだけどね。日本刀で本当に一刀両断にスパッと切ったように、身体意識の構造として見事に切れているんですよ。こういうのは、明石さんの身近にいて、よく知っている人の話を間くと非常に的確な話が出でくると思うんですけどね。

 ピカソだとキュービズム(立体派。点や線などの再構成で立体の本質を表現しようとした)と呼ばれて、あのゲルニカという大傑作の素になったものだけど、そのピカソから解釈していくと、ゲルニカでは、兵士とか馬だとか、あらゆるものがズタズタに切り裂かれて表現されたわけじゃないですか。戦争の悲惨さというものをリアリズムの絵画的な表現じゃなくて、まさにリアリズムそのものを破壊していくような、リアルな空間をいく重にも切断して組み換えていくことで、戦争というものをそれまでとは違う深さで捉えたわけでしょ。

 それで、一般には、キュービズムを表現形式として考えてsしまうんだけど、でも、まず認識があるわけだから、認識―方法として考えるべきなんだよね。つまり、ゲルニカを描かせた根本装置は、何かということだよね。ピカソは、誰かに教わったわけじゃない。そこが、いつもみなさんに考えてほしいことなんだけれど、むしろ、こんなもの絵じゃないと非難すらされるような状況の中で、何かに駆り立てられるように、あの描き方をしたわけでしょ。それが、どこに由来するかということなんですよ。それは実に身体意識以外にはないと私は考えるわけ。身体意識によってズタズタに切り裂かれているが故に、戦争を見ると何が何でもあの様に見えてしまうということですよ。

 この明石さんという人も、右胸から左腰にかけて、身体が真っ二つに切れてますよ。それから、腰の辺りは半分ぐらいまで切れてる。2ヵ所切れてるわけだよね。それが、何なんだろうかということだけど、現在でも、世界にはああいう悲惨な状況があるわけでしょ。それが、明石さんには、こういう身体意識の構造のない人に比べて、はるかに深く、悲惨な形で見えている。極端に拡大して言ったら、ピカソ的に見えているかもしれない。でも僅かでも、そうやって見えている人だからこそ、あれだけのことができたと考えていいと思うんだよね。

――身を切られるというのは、まさに、こういうことでしょうか?

高岡 そう、まさにその通りだね。その人物の存在の根本裡として、身を切られる思いというものを深く内蔵しているといったら、分かりやすいのではないかな。

――カンボジアやユーゴの悲惨で、困難な状況で体験したことは身につけてきているということですね。

高岡 そうだろうね。ああいうところへ身を置いて、問題解決の日々を歩んだことで、こういうものが更に育ったといえるだろうね。

 おそらくね、ああいうようにとてつもなく緊迫した状況に置かれている人たちは、顕在意識ではなくて潜在意識で、そういうものが見えるんではないかと思うのね。自分の身体をすっぱり切ってまで、みんな何とかして平和になろうよと説得するから、人が動くんじゃないかと思うね。

 ただですね、明石さんは、海外であれだけのことをされたわけだから、それなりのDSなんだけど、果たして、それが、今の日本人の状況に合うかというとね、今の日本人てそんなに厳しい状況に置かれているわけじゃないでしょ。ずっとずっとはるかに信じ難いほど甘い状況だよね。果たして、今の日本に合っているのか、あるいは日本人に理解されるのか。明石さんのDSは、そういうふうに見ればいいんじゃないでしょうか。

――なるほどね。

▲このページの先頭に戻る