ホーム > 日米政治家の本質力を解く!~鳩山、オバマ、小沢、麻生…、最先端の身体意識理論で分析する現代日米政治家の真の実力とは!?~ 第1回 オバマ大統領(1)

日米政治家の本質力を解く!

~鳩山、オバマ、小沢、麻生…、最先端の身体意識理論で分析する現代日米政治家の真の実力とは!?~

  • 高岡英夫
  • 高岡英夫[語り手]
  • 運動科学者。「ゆる」開発者。現在、運動科学総合研究所所長、NPO法人日本ゆる協会理事長・推進委員。東京大学、同大学院教育学研究科卒。東大大学院時代に西洋科学と東洋哲学を統合した「運動科学」を創始し、オリンピック選手、芸術家などを指導しながら、年齢・性別を問わず幅広い人々の身体・脳機能を高める「ゆる体操」「ゆる呼吸法」「ゆるウォーク」「ゆるスキー」「歌ゆる」を開発。一流スポーツ選手から主婦・高齢者や運動嫌いの人まで、多くの人々に支持されている。大学・病院・企業などの研究機関と共同研究を進める一方、地方公共団体の健康増進計画での運動療法責任者も務める。ビデオ、DVD多数、著書は80冊を越える。
  • 松井浩
  • 松井浩[聞き手]
  • 早稲田大学第一文学部在学中から、フリーライターとして仕事を始め、1986年から3年間「週刊文春」記者。その後「Number」で連載を始めたのをきっかけに取材対象をスポーツ中心にする。テーマは「天才スポーツ選手とは、どんな人たちか」。著書は「高岡英夫は語る すべてはゆるむこと」(小学館文庫)「打撃の神様 榎本喜八伝」(講談社)等。高岡英夫との共著に「サッカー世界一になりたい人だけが読む本」「ワールドクラスになるためのサッカートレーニング」「サッカー日本代表が世界を制する日」(いずれもメディアファクトリー)、「インコースを打て」(講談社)等がある。

第1回 オバマ大統領(1)(2009.03.31 掲載/2009.10.10 DS図公開)

  • オバマ大統領のDS図
  • オバマ大統領のDS図
  • クリックすると拡大画像がご覧になれます。

――昨年の一年間で、最も世界の注目を集めたのがオバマ大統領でした。このオバマ大統領も、さすがにかなりゆるんでいますね。

高岡 テレビで見ていても、全身がグニャグニャしていますね。相当にゆるんだスポーツのトップ選手と同じぐらいゆるんでいます。オバマ大統領のちょっとした動きを見て、そう感じた人もいるでしょうね。

――しかし、ただゆるんでいるだけではアメリカの大統領にはなれないだろうし、世界の注目を一身に集めることもないでしょうから、やはり相応の身体意識が発達していると思うのですが、オバマ大統領の身体意識で最大の特徴は何でしょうか。

※「身体意識」とは、高岡が発見した身体に形成される潜在意識のことであり、視聴覚的意識に対する「体性感覚的意識」の学術的省略表現である。『センター・体軸・正中線』(ベースボール・マガジン社)のはじめに(1ページ~)、序章(17ページ~)や『身体意識を鍛える』(青春出版社)の第2章「達人たちの〝身体づかい〟7つの極意を知る」(45ページ~)で詳しく解説しています。

オバマ大統領は、巨大な流れ状の身体意識に前方へ前方へと突き動かされている

高岡 彼を前方へ、前方へと突き動かそうとする流動的な身体意識ですね。その身体意識が、今も彼を突き動かしているというのが最大の特徴です。彼は、まだ上院議員になったばかりで、中堅議員にもなっていないですよね。それが、あれよ、あれよという間に大統領候補となって、ついには大統領にまでなった。例えば、発生した当初は勢力の弱かった台風がどんどんエネルギーを吸収して急成長し、大型台風になることがありますが、そんな台風のように急成長した流動的な身体意識に突き動かされているということです。

――前方へ突き動かすというと、「裏転子」という身体意識がありますね。

高岡 股関節の裏側、ハムストリングスの上部から大臀筋の下部にベルト状にできる身体意識ですね。バイオメカニックで言っても、そこの筋肉が強く働けば、前へ向かう突進力になります。だから、陸上の短距離はもちろん、マラソンやサッカーなどの世界のトップ選手は、必ずこの裏転子という身体意識が強力に働いています。ところが、人間の存在というのは面白くて、陸上のウサイン・ボルトのようにトラックを突っ走る人じゃなくても、政治家や経営者などでも、仕事や行動においてどんどん突っ走る人は、この裏転子が発達しているんですね。

――そういえば、陸上選手にも、政治家や経営者にも「突っ走る」という表現を使いますね。

高岡 スポーツ選手でいえば、自分の身体を前へ進ませるということなんですが、政治家や経営者でいえば、事態を強力に前へ進ませることができます。しかし、オバマ大統領の場合は、裏転子が発達しているだけではなくて、事態をどんどん自分に引きつけていく、あるいは時間の流れを自分にひきつけていくような流動的な身体意識が、さらに強烈に彼を前へ進ませているということです。

――そもそも、知名度が低いのに大統領を目指そうとしたのは、そんな身体意識に突き動かされてということでしょうか。

黒人なのに大統領選へ突き進めた背景には、「流舟」という身体意識がある

高岡 知名度の低さもそうですけど、それ以上に黒人であるにもかかわらず、突き進めたということでしょうね。かつて湾岸戦争でコリン・パウエル陸軍大将(のちの国務長官)が圧倒的な支持を受けて、大統領選に出てはどうかという話が持ち上がったことがありました。でも、彼は決断できなかったですよね。彼は引っ込んだけど、オバマは突き進んだ。これは天と地ほどの違いですが、お互いにそう決断させた身体意識の装置というのは必ずあるわけで、オバマの決断の背景となったのが、今お話している、突き動かすような身体意識だというわけです。身体意識にも名前が必要なので「流舟」と呼んでいます。舟が流れに乗ってガンガン突き進んでいく様子に由来しています。

――たとえば、大作家なども、「何かに突き動かされるように書いた」という表現をすることがありますね。

高岡 そうですね。「大きな流れに自分が運ばれているだけだ」というような表現をする人もいます。それは、この「流舟」のような身体意識の装置によって巨大な前方力が働いている時、何となくそれを感じて、そういう言い方をするんですね。オバマの場合は、アメリカ国民の多数の意識とからみ合いながら「流舟」の身体意識が急激に育ち、それに突き動かされて大統領にまで登りつめたということです。

――では、最も重要な身体意識の一つである「センター」はどうですか。

※センター(中央軸)とは、身体の中央を天地に貫く身体意識。『センター・体軸・正中線』(ベースボール・マガジン社)の序章(17ページ~)、第1章「センター」(45ページ~)や『「軸」と「ハラ」を鍛えれば必ず強くなる!』(青春出版社)のPART3「16アイテムの鍛え方大公開―『軸』と『ハラ』で人生が変わる身体意識トレーニング/『センター(軸)』が最重要な理由とは?」(44ページ~)で詳しく解説しています。

残念ながら「センター」は、まだ完全には通っていない

高岡 「センター」は、実は、完全に通っているという段階ではないですね。下半身の「センター」は強いです。地球の中心から下半身に入ってくる「センター」は強くて、それに乗っていることが、彼の颯爽とした雰囲気を生みだしています。しかし、腰から上の部分は、まだ弱いですね。彼が本当に歴史的な大統領に成長していけるかどうかは、今後、全身を天地に貫く巨大な「センター」が発達していくかどうかにかかっているといえます。

――そういう意味でいえば、小浜市が勝手に応援するなど、世界的なブームが巻き起こって大統領に当選しましたが、現在は、世界的に様子見という状態になっていますね。

高岡 「流舟」という身体意識で急成長して世界的なブームまで巻き起こした一方で、本物のリーダーに欠かせない装置である「センター」が、「流舟」ほどは発達していないですからね。だから、画期的な政策も打ち出せないし、大統領として人々を熱狂させることもできない。だから、様子見という状態が生まれ始めているといえますね。

▲このページの先頭に戻る